株(現物取引)初心者・入門の方へ|SBIネオトレード証券

株(現物取引)初心者の方へ

株(現物取引)入門

「株には興味があるけど、専門用語が多いし、どこの証券会社を選んでいいかわからない」「株主優待を貰うにはどうしたらいい?」「株ってこわいイメージがあるけど、大丈夫?」などの疑問に、初心者の方にも分かり易い入門編の目次になります。

目次
項目 内容
1.株とは? 株がどういう役割を果たしているのか、どこで取引ができるかなどの基礎的内容を解説しております。
2.株のはじめ方 株取引を始めるにあたって必要な準備や、取引ができる時間などについて解説しております。
3.銘柄の選び方①
(ファンダメンタル分析)
東京証券取引所に上場している株式会社は、2021年7月30日時点で3,787社と数多くあります。企業の財務情報や市況環境で投資判断を行うファンダメンタル分析について解説しております。
4.銘柄の選び方②
(チャート分析)
過去の株価推移を基に将来の株価予想をして投資判断を行うチャート分析(テクニカル分析)について解説しております。
5.株の配当金と株主優待 株の配当金や株主優待を獲得するにはどういたらいいのかを初心者の方でもわかりやすいように、具体例を挙げて説明しております。また、権利獲得前後の株価の変動要因など、初心者の方が見落としがちなポイントも含めて解説しております。
6.株の注文方法 株取引には、いくつもの注文方法があります。指値注文や成行注文などの基本的な注文方法のほか、ネット証券では逆指値注文やOCO注文などの便利な注文方法を利用することができます。注文方法の基本を押さえておくことは株式投資には欠かせません。
7.株の税金とNISA 株取引に係る税金と、2014年に開始されたNISA制度について説明しております。損金の繰越控除や、確定申告が必要かどうかのフローチャートなど、これから株式投資を始められる初心者の方が確認しておくべきポイントを重点的に挙げております。

国内現物株式等のお取引に関するリスク及び手数料等について

株式投資等は株価等の変動により、投資元本を割り込むおそれがあります。

現物株式の取引手数料は各商品・各コースにより異なりますが、1注文ごとの手数料体系で50円から最大880円、1日約定代金合計額で変わる手数料体系では、100万円以下で無料、100万円超~150万円以下で880円、150万円超~200万円以下で1,100円、以降100万円単位超過ごとに295円ずつ加算され、上限はございません(いずれも税込表示)。

ただし、強制決済の場合には約定代金×1.32%の手数料(最低手数料2,200円)が適用されます(いずれも税込表示)。

実際のお取引に際しては、契約締結前交付書面および当社ホームページ等をよくお読みになり、お取引の仕組み、ルール等を十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願いいたします。

ページトップへ