注文方法|CFD|SBIネオトレード証券

株・信用・CFDに特化!

<%-- --%> <%-- 初回ユーザーインストール画面

ご利用の端末で初めて起動される場合、
ソフトのダウンロードが必要です。

次の画面にてお客様の端末と合致するBit版を
ダウンロードしてください。


閉じる

初回ユーザーインストール画面 --%>

CFDの注文方法

SBIネオトレード証券では便利な注文方法が多数!

CFDの注文方法

ネオトレードCFDで発注いただける注文方法には、成行注文、指値注文などの基本的なものに加えて、IFD注文、トレール注文等のシステマチックな取引を可能にする注文もございます。

通常方法

注文方法 内容
ストリーミング
(成行)
  • 発注する銘柄、売買の別、数量、スリッページが選択された画面において、現在の価格 が表示された発注ボタンを押下するとその価格で発注される注文です。なお、スリッページ幅を設定しない場合は成行注文となります(相場急変時は想定外の約定価格となる場合がありますので注意する必要があります)。
  • オプションでスリッページ(幅)を指定することができます。
    >>>詳細はこちら
クイック決済
  • 決済注文画面に遷移せず建玉照会画面から決済注文を成行で発注できます。
    >>>詳細はこちら
指値
  • お客様が注文価格を指定して発注する注文です。
  • 買い指値注文の場合は配信価格のASK価格以下の値段、売り指値注文の場合は配信価格のBID価格以上の値段で約定します。
    >>>詳細はこちら
逆指値
  • お客様が注文執行のトリガーとなる価格(以下、「トリガー価格」といいます)を指定して発注する注文です。
  • 買い逆指値注文は、基本価格のASK価格がお客様の指定したトリガー価格と一致またはそれを上回る価格で約定します。
  • 売り逆指値注文は、基本価格のBID価格がお客様の指定するトリガー価格と一致またはそれを下回る価格で約定します。
    >>>詳細はこちら
トレール
  • レートの動きに応じて、システムが自動で注文価格を変更する機能を備えた逆指値注文のことです。
  • 決済注文のオプション設定として設定が行えます。
    >>>詳細はこちら
FIFO
  • FIFO注文とは、「First In First Out」先入れ先出し注文のことを指します。
  • 保有するポジション状況によって、システムが自動で新規/決済を指定します。
    >>>詳細はこちら
一括決済
  • 現時点での保有建玉を銘柄ごとに一括決済することができます。
  • 一括決済では一建玉ごとに一注文を生成します。
    >>>詳細はこちら
ロスカット
  • CFD取引口座の証拠金維持率が100%を下回ると、取引口座内にある保有建玉の決済注文を自動執行します。
    >>>詳細はこちら

操作マニュアル一覧

複合注文

注文方法 内容
IF-DONE注文
  • 買付注文の発注売却注文予約 を同時に設定できる注文方法です。買付注文(親注文)が約定すると、予約された売却注文(子注文)が自動的に発注されます。
    >>>詳細はこちら
OCO注文
  • OCOとは、「One Cancels the Other」の略です。
  • 指値注文逆指値注文 を同時に発注する注文方法です。指値注文が約定すると逆指値注文がキャンセルされます。これに対し、逆指値条件に価格が到達した場合は、発注済みの指値注文を、指値注文・最大指値のいずれかに訂正します。
    >>>詳細はこちら

CFD取引に関するリスク及び手数料等について

  • CFD取引は、その取引金額がお客様の差し入れるべき証拠金の額に比して大きいため、大きなレバレッジ効果を得られる反面、多大な損失を生じるおそれがあり、かつ、相場状況によっては、その損失の額が取引金額を上回ることがあります。
  • CFD取引は、原資産である国内外の株価指数・株式、およびその他指数等の価格の変動、為替レートの変動、または金利調整額、権利調整額の支払により損失が生ずるおそれがあり、かつ、その損失の額が差し入れた証拠金の額を上回ることがあります。
  • CFD取引の必要証拠金額は、指数CFDは各建玉の対価の額の10%、個別株CFDは20%に相当する円価格です。(必要保証金の額の5倍~10倍のお取引が可能です。)必要証拠金の計算にはその時点のCFDの価格、及び原資産が外貨で取引されているCFDの場合にはその時点の為替レートが用いられるため一定ではありません。なお、為替レートは当社指定のレートを用います。
  • 取引価格には、売値と買値に価格差(スプレッド)があり、スプレッドは相場急変時等に拡大する場合があります。
  • CFD取引においては、ロスカットルールを導入していますが、相場状況の変動等により、ロスカット価格がロスカット基準適用時の価格から大きく乖離し、想定を上回る損失が生じるおそれがあり、かつ、相場状況によっては、その損失の額が差し入れた証拠金の額を上回ることがあります。
  • CFD取引の取引手数料は無料です。ただし、ロスカットにより建玉が決済される際は、指数CFD取引は1枚110円(税込)、個別株CFD取引は55円(税込)のロスカット手数料をお支払いいただきます。取引手数料以外に金利調整額、権利調整額の受払いが発生する場合があります。その他、手数料等の取扱いにつきましては「CFD取引の手数料・諸費用等」をご確認ください。
  • お取引の際は、契約締結前交付書面およびSBIネオトレード証券WEBサイトの当該商品ページ等をご覧いただき、内容を十分にご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引ください。

ページトップへ