SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型)/愛称:jreviveⅡ │ SBIネオトレード証券
<%-- --%> <%-- 初回ユーザーインストール画面

ご利用の端末で初めて起動される場合、
ソフトのダウンロードが必要です。

次の画面にてお客様の端末と合致するBit版を
ダウンロードしてください。


閉じる

初回ユーザーインストール画面 --%>

SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型)[愛称:jreviveⅡ]

SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型)

ファンドの特色

SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型)の特色

販売用資料より抜粋

ファンドの運用助言を行うエンジェルジャパン社

SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型)の運用助言

販売用資料より抜粋

ファンドの仕組み

SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型)のファンドの仕組み

交付目論見書より抜粋

商品概要

ファンド名
(正式名称)
SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型)
ファンド名
(NEOTRADE Wでの表記)
SBI中小割安株年2(一般コース)
SBI中小割安株年2(累投コース)
商品分類
追加型投信/国内/株式
形式
ファミリー・ファンド
ファンドの目的
本ファンドは、中小型割安成長株・マザーファンド(以下「マザーファンド」といいます。)受益証券への投資を通じて、わが国の金融商品取引市場に上場する中小型株式に投資し、信託財産の中長期的な成長を目指して積極的な運用を行います。
主な投資対象
中小型割安成長株・マザーファンド受益証券を主要投資対象とし、実質的にわが国の株式に投資します。
投資態度
  • 主として、マザーファンド受益証券に投資し、信託財産の積極的な成長を目指して運用を行います。
  • マザーファンド受益証券の組入れ比率は、原則として高位を維持します。非株式割合(株式以外の資産への実質投資割合)は、信託財産の総額の 50%以下とします。
  • 資金動向、市況動向の急激な変化が生じたとき等ならびに信託財産の規模によっては、上記の運用ができない場合があります。
  • マザーファンド受益証券の運用に関しては、エンジェルジャパン・アセットマネジメント株式会社より投資助言を受けます。
主な投資制限
  • マザーファンド受益証券への投資割合には制限を設けません。
  • 株式への実質投資割合には制限を設けません。
  • 同一銘柄の株式への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
  • 同一銘柄の転換社債ならびに新株予約権付社債のうち、会社法第236条第1項第3号の財産が当該新株予約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約権がそれぞれ単独で存在し得ないことをあらかじめ明確にしているもの(以下会社法施行前の旧商法第341条ノ3第1項第7号及び第8号の定めがある新株予約権付社債を含め「転換社債型新株予約権付社債」といいます。)への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
  • 外貨建資産への投資は行いません。
  • 投資信託証券(マザーファンド受益証券を除きます。)への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下とします。
  • 一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャー及びデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則として、それぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることとなった場合には、一般社団法人投資信託協会規則に従い当該比率以内となるよう調整を行うこととします。
主なリスク
価格変動リスク、流動性リスク、信用リスク等
信託設定日
2015年7月10日
繰上償還
受益権の口数が10億口を下回ることとなった場合等には繰上償還となる場合があります。
決算日
年2回(原則として1月と7月の各22日。休業日の場合は翌営業日。)
収益分配
年2回(原則として1月と7月の各22日。休業日の場合は翌営業日。)決算を行い、原則として以下の方針に基づいて収益の分配を行います。
  • 分配対象額の範囲は、繰越分も含めた経費控除後の配当等収益(マザーファンドの投資信託財産に属する配当等収益のうち、投資信託財産に属するとみなした額(以下「みなし配当等収益」といいます。)を含みます。)及び売買益(評価益を含み、みなし配当等収益を控除して得た額とします。)等の全額とします。
  • 委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して分配金額を決定します。ただし、分配対象額が少額の場合は、分配を行わないことがあります。
  • 収益分配にあてず信託財産内に留保した利益については、運用の基本方針に基づき、元本部分と同一の運用を行います。
購入単位
  • 一般コース:(分配金を受取るコース)100円以上1円単位
  • 累投コース:(分配金が再投資されるコース)100円以上1円単位
※お買付後のコース変更はできません
購入時手数料
ノーロード(0円)
信託財産留保額
換金申込日の基準価額に0.3%を乗じて得た額
信託報酬
(運用管理費)
ファンドの日々の純資産総額に年1.848%(税抜:年1.68%)を乗じて得た額とします。
信託報酬は毎日計上され、毎計算期末及び信託終了のときにファンドから支払われます。
その他の費用
有価証券売買時にかかる売買委託手数料、信託財産に関する租税、信託事務の処理等に要する諸費用(情報開示にかかる印刷等費用、郵送費用、公告費用、受益権の管理事務に関連する費用等を含みます。)、信託財産にかかる会計監査費用及び受託会社の立替えた立替金の利息及びこれらの手数料等にかかる消費税等は、受益者の負担とし信託財産中から差し引かれます。
信託財産にかかる会計監査費用は、計算期間を通じて毎日計上し、毎計算期末または信託終了のとき信託財産中から支弁します。
その他の手数料等は、監査費用を除き、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上 限額等を示すことができません。また、当該手数料等の合計額については、投資者の皆様がファンドを保有される期間等に応じて異なりますので、表示することができません。

【 信託報酬(運用管理費)詳細(年率) 】

委託会社 販売会社 受託会社 合計
1.056% 0.737% 0.055% 1.848%
(0.960%) (0.670%) (0.050%) (1.680%)

( )内は税抜表示

投資信託に関するリスク及び手数料等について

投資信託は、投資元本および分配金が保証された商品ではありません。国内外の株式や債券などの金融商品を組み入れており、株価変動や為替変動などの影響を大きく受けるため、基準価額の下落により損失を被り、お客様の投資元本を割り込むことがあります。一般に株式の価格は、個々の企業の活動や業績、国内および国外の経済・政治情勢などの影響を受けて変動するため、株式の価格が下落した場合には、基準価額は下落し、投資元本を割り込むことがあります。投資国・地域の政治・経済情勢や株式を発行している企業の業績、市場の需給等、さまざまな要因を反映して、基準価額が大きく変動するリスクがあります。

投資信託のお申込みに際しては、所定の販売手数料がかかります。また、換金に際しては、信託財産留保額をご負担いただく場合があります。なお、投資信託の保有期間中には間接的な費用として信託報酬等が発生いたします。

SBIネオトレード証券は、投資信託の販売会社であり、投資信託の設定・運用は委託会社が行います。

預け入れ資金については、当社で当社の財産とは分別して管理いたします。また、購入いただいた投資信託においては、信託銀行において、当該行の財産とは分別して管理いたします。

上記の手数料および諸費用、リスクに関しましては、必ず交付目論見書および目論見書補完書面をご確認ください。実際のお取引に際しては、契約締結前交付書面および当社ホームページ等をよくお読みになり、お取引の仕組み、ルール等を十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願いいたします。

ページトップへ